30年(!)エホバの証人でした。自然消滅してそろそろ2年。衝動的にブログ書きます!


by millinda

ありがとうを言いたい、助けになったサイト 1

初めて触れた暴露サイト(なんかすごい言い方ですね。なんて呼んだらいいんでしょう?)、
JWICには、真実の響きがありました。

ショックで頭が混乱する中、自分の心の奥に隠れていた、「本当の自分」の感覚だけを頼りに
夜な夜なむさぼるように、サイトを読み続けました。

主人にも言えず、集会や奉仕はそれまで通りに行っていました。


ただ、自分の中で、組織に対する信頼が、ガラガラと崩れていくのを感じていました。

それでも、もう、本当のことを知りたい、という欲求は止められませんでした。


どれをどの順番で読んでいったのかはもう覚えていませんが、
同時に読み進めていったサイトで、本当に心を揺さぶられて目覚めるきっかけになったサイトです。


北海道・広島会衆の事件簿

それまで、どこかで薄々と感じつつも見てみぬふりをしてきた、組織の偽善と愛の無さを目の前に見せ付けられた思いでした。



元統治体成員レイモンド・フランズの経験

組織が神の名において実際は人間的な思惑で動き、信者の命が左右されてきたこと、美辞麗句で飾りながら中身は「不完全さ」では片付けられない確信犯的な利己心が動機だったことを知り、義憤でいっぱいになりました。



会衆内のSOS

JWが組織と言う名の偶像崇拝に陥っていることを、真摯で明快な思考ではっきりと理解させてくれました。
サイトには真理と聖書と真の神と仲間の信者への愛があふれていて、議論の真実さを支えていました。



どせいさん日記

今は体裁が変わっていますが、当時は「テーマ別日記」の部分だけだったと思います。
JWの矛盾と愚かさを、ベースには愛がある口調で、広い視野で説いていて、自分のことを客観的に振り返る助けになりました。



JW解約

実は個人的に筆者真理真さんが海外のべテルで奉仕されていたことや、彼のお母様を知っていました。と言っても大会で一度お話しただけでしたが。すばらしい模範的な姉妹でした。論理の展開や幅広い資料の提供には有無を言わせない力強さがありました。




他にも、とにかく数え上げきれないほどのサイトやブログ、すべてが考える糧になりました。
どれほどの時間を費やして読み漁ったことでしょう・・・。

サイトやブログを書いていた皆さんは、もちろん、私の存在など知る由もなかったでしょう。
でも、私には皆さんがとても身近に感じられていました。

掲示板でお見かけした方を含め本当に、心からありがとうを伝えたいです!!!


(つぎの記事で、このお礼を言わなければならないブログなど、もう少し挙げさせてください。)
[PR]
by millinda | 2009-01-31 01:18 | 自然消滅への道